1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 本塁打王も効果実感 横浜の男性、スイング習得バット考案

本塁打王も効果実感 横浜の男性、スイング習得バット考案

野球 | 神奈川新聞 | 2022年1月11日(火) 06:00

たる型の重りをグリップ上部に取り付けた「バレルバット」(上)。下は通常のバット

 横浜市都筑区で野球スクールを営む元米マイナーリーガーが考案したトレーニングバットに、球界から熱い視線が注がれている。

 最適なスイング軌道を習得することに主眼を置いたバットで、2021年シーズンのパ・リーグ本塁打王に輝いたオリックス・バファローズの杉本裕太郎選手(30)を指導する中で生み出された。効果が実証された形で、プロ、アマ問わず関心を集めている。

エクスポズ傘下に所属

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

商品開発に関するその他のニュース

野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング