1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 青年監督、野球も勉強も熱血指導 川崎・宮前の軟式クラブ

青年監督、野球も勉強も熱血指導 川崎・宮前の軟式クラブ

野球 | 神奈川新聞 | 2020年12月31日(木) 05:00

地元宮前区で軟式野球のクラブチームを立ち上げた石倉監督(左)

 大好きな野球を通じて地元の子どもたちや地域を輝かせようと、若き指導者が奮闘している。4月に中学生の軟式クラブチーム「川崎宮前ドリームス」を立ち上げた石倉周監督(28)。「日本一を目指す中で出会った仲間や、真剣に過ごした時間は人生の宝物になる」との思いで指導に情熱を注いでいる。

 「しっかりノーエラーでいこう。OK?」。11月下旬、川崎市宮前区の野球グラウンドに威勢のいい声が響く。体験練習会の参加者を含む7人が白球を追い、石倉監督の中学時代のチームメートらがボランティアでコーチを務めた。一人一人へのきめ細かな指導も売りの一つだ。

 兄の影響で小学1年生からバットを握り、中学時代は松井裕樹(楽天)や楠本泰史(横浜DeNA)らを輩出した青葉緑東シニアでプレー。2度の全国制覇を遂げた。鎌倉学園高では甲子園出場を果たせなかったが、日体大在学中には横浜緑ボーイズの創設に携わり、子どもを指導する楽しさに触れた。

週2回は勉強日

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

軟式野球に関するその他のニュース

野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング