1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 聴覚障害者に硬式普及へ 横浜で設立「日本ろう野球協会」

新型コロナ
聴覚障害者に硬式普及へ 横浜で設立「日本ろう野球協会」

野球 | 神奈川新聞 | 2020年10月16日(金) 05:00

今春の合宿には多くの硬式野球の選手が参加した(日本ろう野球協会提供)

 聴覚に障害がある人への野球の普及を目的に、一般社団法人「日本ろう野球協会」(横浜市都筑区)が1月に設立された。

 歴史が浅く選手が少ない聴覚障害者の硬式野球のすそ野を広げ、世界規模のスポーツの祭典「デフリンピック」への野球導入や、国際大会への選手派遣を目指している。

 新型コロナウイルス感染症の影響で中断を余儀なくされた、ろう野球硬式日本代表候補の活動も再開。17日には三浦学苑高佐原グラウンド(横須賀市佐原)で練習を行う。

日本は軟式が主流

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

障害者スポーツに関するその他のニュース

野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング