1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 野球
  4. 桐蔭大、Vへ好発進 昨秋王者の関東学院大敗れる

神奈川大学野球
桐蔭大、Vへ好発進 昨秋王者の関東学院大敗れる

野球 | 神奈川新聞 | 2020年9月15日(火) 05:00

リーグ初完封を果たした桐蔭横浜大のエース片山=神奈川工大KAITスタジアム

 神奈川大学野球秋季リーグは13日、神奈川工大KAITスタジアムで開幕し、1回戦3試合が行われた。2019年の春季以来2季ぶりの優勝を狙う桐蔭横浜大は、9─0で鶴見大に快勝した。神奈川大は7─2で横浜商大を下し、神奈川工大は8─2で昨秋王者の関東学院大を破った。

 桐蔭大は、エース左腕の片山皓心(4年)が5安打完封、プロ注目の渡部健人(同)は初回にリーグ通算11本目となる先制の3点本塁打を放った。神大は先発全員の15安打で圧倒。工大は二回に4得点して逆転、以降も小刻みに加点した。

 第2週第1日は21日、横浜スタジアムで商大─桐蔭大、関東大─鶴見大、工大─神大の1回戦3試合が行われる。

 今秋は、新型コロナウイルスの感染リスク軽減のため、従来の2戦先勝の勝ち点制から2回戦総当たりの勝率制に変更して争う。また、横浜スタジアムとサーティーフォー相模原球場を除いた会場は無観客で実施する。

再起期す左腕 初完封に「大きな自信」

 再起を期したマウンドで成長を示した。故障で戦列を離れていた桐蔭横浜大の主戦左腕片山が、昨春のリーグ戦以来となる公式戦で初完封。「大きな自信をつかめた」と喜びに浸った。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

大学野球に関するその他のニュース

野球に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

スポーツに関するランキング

    アクセスランキング