1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 須崎優衣、乙黒拓斗が金メダル

須崎優衣、乙黒拓斗が金メダル

スポーツ | 共同通信 | 2021年8月7日(土) 22:05

 女子50キロ級決勝で中国の孫亜楠(下)にテクニカルフォール勝ちした須崎優衣

 レスリング女子50キロ級は初出場の須崎優衣が決勝で孫亜楠(中国)にテクニカルフォール勝ちし、金メダルを獲得した。6日の1回戦から全4試合、無失点のテクニカルフォール勝ちとした。女子で日本は53キロ級の向田真優と、57キロ級の川井梨紗子、62キロ級の川井友香子の姉妹に続いて4個目の金で、これまで最多の16年リオ五輪に並んだ。

 男子フリースタイル65キロ級は初出場の乙黒拓斗が決勝でアリエフ(アゼルバイジャン)を5―4で退け、金メダルを獲得した。

 須崎優衣の話 今の自分があるのは関わってくれた全ての人のおかげ。感謝の気持ちでいっぱい。本当に夢みたい。(表彰式は)泣きやんで、皆さんに最高の笑顔を見てもらえるように準備する。

 乙黒拓斗の話 本当に苦しいことが多かったが、周りの人のおかげで前に進めた。夢をかなえられて、すごくうれしい。違う競技の人が金メダルを取って、プレッシャーもあった。今までの準備がラスト30秒で生かされて、最後に取ることができた。兄の分も、自分が全力を出して勝ちたいと思った。

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング