1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 井村雅代氏「五輪はこれが最後」

井村雅代氏「五輪はこれが最後」

スポーツ | 共同通信 | 2021年8月7日(土) 21:36

 チーム・フリールーティンの演技を終えた選手たちを迎える井村雅代監督(中央)=東京アクアティクスセンター

 東京五輪でアーティスティックスイミング(AS)日本代表の監督を務めた井村雅代氏(70)が7日、競技終了後に「五輪はこれが最後と私は思っている」と話した。関係者によると、代表ヘッドコーチを退任する方向で大会前に日本水連と合意していた。

 井村氏は2014年、中国から、低迷していた日本の指導に復帰し、16年リオ五輪は2種目の銅メダル獲得を支えた。自身10度目の五輪だった今回は、教えたチームが初めてメダルなしに終わった。

 ASがシンクロナイズドスイミングとして初採用された1984年ロサンゼルス五輪を皮切りに、04年アテネ五輪まで日本勢を全種目で表彰台に導いた。

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング