1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 競馬、クロノジェネシスが連覇

競馬、クロノジェネシスが連覇

スポーツ | 共同通信 | 2021年6月27日(日) 17:09

 第62回宝塚記念で連覇を果たしたクロノジェネシス=阪神競馬場

 第62回宝塚記念(27日・阪神11R2200メートル芝13頭、G1)1番人気のクロノジェネシス(クリストフ・ルメール騎乗)が2分10秒9で制した。宝塚記念の連覇は史上2頭目で、有馬記念と合わせたグランプリ3連覇は史上3頭目。1着賞金1億5千万円を獲得。ルメール騎手はこのレース初勝利、斉藤崇史調教師は2勝目。

 ユニコーンライオンが逃げ、レイパパレが2番手を追走。クロノジェネシスは好位で脚をためると、最後の直線で抜群の末脚を発揮した。2馬身1/2差の2着はユニコーンライオン。3着はレイパパレ。

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング