1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 相模原から世界を カヌー界ホープの斎藤康祐・彰太兄弟

相模原から世界を カヌー界ホープの斎藤康祐・彰太兄弟

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年11月7日(土) 11:13

先輩・足立に続く存在へ

カヤックシングルで「ポスト足立」を狙う兄、斎藤康=岩手県奥州市の奥州いさわカヌー競技場

 次代のカヌー界を担う兄弟が、存在感を高めている。相模原市緑区出身の斎藤康祐(19)=スターツグループ=と彰太(15)=橋本高1年/同市カヌー協会。10月下旬のNHK杯全日本スラローム大会でそろって2位に躍進。東京五輪には間に合わなかったものの、4年後のパリ、8年後のロサンゼルスへ着実に力をつけている。

 岩手県で行われたNHK杯。カヤックシングルの足立和也(30)=ヤマネ鉄工建設、カナディアンシングルの羽根田卓也(33)=ミキハウス=ら五輪代表は不在ながら、並み居る年長者を押しのけて上位に入った。

 カヤックシングルの兄、康祐の持ち味は常に一定のスピードを保てる安定感。「足立選手、羽根田選手に続くのは自分だという自負があった。その分気負ってしまった」と悔しさをのぞかせつつ、強風の悪条件下でも準決勝、決勝ときっちり2本まとめたところに技術の高さをのぞかせる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

カヌーに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング