1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 松田4位、連覇逃がす サーフィンWG代表選考会

TOKYO 2020
松田4位、連覇逃がす サーフィンWG代表選考会

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年11月4日(水) 09:44

 サーフィンの東京五輪最終予選を兼ねるワールドゲームズ(WG=エルサルバドル)の代表選考会、ジャパンオープン最終日は3日、五輪会場の千葉県一宮町の釣ケ崎海岸で行われ、男子は大原洋人、女子は前田マヒナが優勝し、来年5月に開催が予定されるWGの代表に名を連ねた。

 大原は決勝で終盤に10点満点中8・33点を出し、合計13・30点で快勝。前田は9・47点だった。

 既にWG代表には、いずれも条件付き五輪出場権を持つ男子の五十嵐カノア(木下グループ)と村上舜、女子の松田詩野のほか、都筑有夢路も選ばれている。

 五十嵐、村上、都筑は今大会を欠場。昨年大会優勝の松田は4位だった。

見せた修正力の高さ

【女子決勝】波を攻めあぐねる松田=千葉県一宮町の釣ケ崎海岸(共同)

 4選手で争った女子決勝は、風が海から陸へ吹くオンショアで海面が荒れ、難しいコンディションへと変貌していた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

東京五輪に関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング