1. ホーム
  2. スポーツ
  3. 人数制限緩和、ハマスタに1万3千人 ベイスターズも快勝

新型コロナ
人数制限緩和、ハマスタに1万3千人 ベイスターズも快勝

スポーツ | 神奈川新聞 | 2020年9月20日(日) 02:09

 新型コロナウイルス感染拡大防止のためのイベント人数制限緩和を受け、プロ野球の横浜DeNAベイスターズは19日、横浜スタジアム(横浜市中区)で行われた読売ジャイアンツ戦から、主催試合の観客数上限を5千人から1万6千人に引き上げた。開幕前に完成した左翼スタンド上段の「ウィング席」も開放。ファンの熱気に後押しされたチームは7─1で快勝した。

観客数が5千人から1万6千人を上限に緩和され、左翼側上段に設置されたウィング席には初めて観客が入った=横浜市中区の横浜スタジアム

 観客数増員による追加チケット販売をオンラインで開始したのは2日前。感染予防のため窓口販売は行わなかったが、1万3106人が詰め掛けた。来場者は距離を空けて座り、リモートでの鳴り物に合わせ拍手で選手を鼓舞。試合後は座席ブロックごとに順番を守って球場を離れた。

 左翼ウィング席で応援した同市栄区の会社員市川智央さん(42)は「やっぱり生で選手たちを見られるのはいいですね」と笑顔。今季はテレビ観戦にとどめていたが、制限緩和を受けてチケットを購入した。「巨人が独走しているけど、逆転優勝を信じています。今度は家族を連れてきたい」と話した。

 一方、規模の小さなホームスタジアムを抱えるJリーグクラブは、政府方針の上限までチケットを販売できていないのが現状だ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜スタジアムに関するその他のニュース

スポーツに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング