1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 連載
  4. 神奈川新聞と戦争
  5. (14)1928年 治安法と張作霖爆殺

神奈川新聞と戦争
(14)1928年 治安法と張作霖爆殺

神奈川新聞と戦争 | 神奈川新聞 | 2016年10月26日(水) 09:44

 治安維持法が改正され最高刑が死刑となった1928年。本紙の前身、横浜貿易新報(横貿)は、議会での審議を省き、明治憲法下の「緊急事態条項」である「緊急勅令」で改正を押し通そうとした田中義一内閣を徹底して批判した。

 しかし、同時期にあった政府による共産主義者の一斉弾圧(3月15日、発表は4月10日)は、むしろ後押しした。紙面には

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

死刑に関するその他のニュース

神奈川新聞と戦争に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

連載に関するその他のニュース

アクセスランキング