1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 横浜みなと新聞
  5. ぶらり♪:中華街「喫茶ブラジル」 タマゴサンド 

ぶらり♪:中華街「喫茶ブラジル」 タマゴサンド 

横浜みなと新聞 | 神奈川新聞 | 2016年10月17日(月) 11:52

タマゴサンド550円、コーヒー400円
タマゴサンド550円、コーヒー400円

半熟オムレツ熱々で
 香港路にある純喫茶。開業は1955年。中華街が「南京街」と呼ばれていたころから、店主の高木敏之さん(84)、妻・麗春さん(84)の2人で店を切り盛りしてきた。

 ネルドリップで入れたコーヒーと一緒に注文したいのが、名物の「タマゴサンド」(550円)。塩こしょうで味付けした半熟のオムレツをパンで挟む。卵を3個使うだけあって、皿からはみ出るほどのボリュームだ。かつて料理人だった店主は「鉄のフライパンじゃないと、ふわとろに焼き上がらない」と、ほほ笑む。熱々のうちに頬張りたい。

 常連客の中には50年以上通う人も多い。「体が続く限り店に立ちたい」と、2人は話す。

横浜市中区山下町147。みなとみらい線元町・中華街駅徒歩5分。午前9時~午後5時。不定休。14席。電話045(681)4805。


喫茶ブラジル外観入口
喫茶ブラジル外観入口

横浜中華街に関するその他のニュース

横浜みなと新聞に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング