1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 横浜みなと新聞
  5. みなと&わたし:歴史的建造物並ぶ 海岸通

みなと&わたし:歴史的建造物並ぶ 海岸通

横浜みなと新聞 | 神奈川新聞 | 2016年10月10日(月) 12:16

海岸通3丁目の日本郵船歴史博物館 (横浜郵船ビル)前
海岸通3丁目の日本郵船歴史博物館 (横浜郵船ビル)前

 海岸通は、1889(明治22)年に新設された町で、横浜港大さん橋国際客船ターミナルのある1丁目から、再開発が進む北仲通に隣接する5丁目までの地区を指す。

 横浜税関や日本郵船歴史博物館、横浜貿易会館、横浜海洋会館など、歴史的建造物が多いことで知られる一方、東西上屋倉庫や海岸通団地が建て替えられるなど街も変化した。

 街の歴史と文化を守りつつ、みなとみらい21地区と関内地区をつなぐ中心地にしようと、街づくり支援団体「まちテラス」は近く、県内の大学生らと共に動きだす。理事長の高橋徹さん(70)は、「提案や研究を通し、街を再評価する。人が往来したくなる、魅力の発見、創出ができれば」と話している。

横浜税関に関するその他のニュース

横浜みなと新聞に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング