1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 横浜みなと新聞
  5. 育て、国際貿易を担う人材 即戦力を養う港湾カレッジ

育て、国際貿易を担う人材 即戦力を養う港湾カレッジ

横浜みなと新聞 | 神奈川新聞 | 2020年12月28日(月) 05:00

 日本の貿易量(輸出入合計)の99%以上を占める海運。その一大拠点・横浜港で、貿易実務や荷役、輸送などを担うスペシャリストを養成しているのが、港湾職業能力開発短期大学校横浜校(港湾カレッジ、横浜市中区)だ。同校港湾流通科の智田幹弥・職業能力開発准教授(50)は、国際貿易港の未来の発展に欠かせない若手人材に「多くの人の生活に役立っている仕事だと伝えたい」と話す。
 港湾カレッジは1972年の開校で、これまでに1600人超を輩出。港湾地区で荷主の代わりに輸出入手続きや貨物の搬出入、受け渡しなどを行う…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜港に関するその他のニュース

横浜みなと新聞に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング