1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. 育鵬社の歴史・公民教科書 ある勢力の思想具体化

時代の正体 教科書はいま(1)
育鵬社の歴史・公民教科書 ある勢力の思想具体化

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年7月28日(火) 10:00

 2021年度から使用される中学校の教科書採択が、県内で始まった。育鵬社の歴史・公民教科書を採択し続けている藤沢、横浜各市教育委員会はそれぞれ、7月31日と8月4日を予定している。同社の教科書は現場の教員の評価が低い上、多くの歴史学者や教育専門家が内容を批判しており、その判断に注目が集まる。まずは歴史教科書の問題点について、「子どもと教科書全国ネット21」の鈴木敏夫代表委員・事務局長に聞いた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

教科書に関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング