1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. 実効性ある運用約束 市と市民団体が意見交換

時代の正体 差別のないまちへ
実効性ある運用約束 市と市民団体が意見交換

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年7月7日(火) 11:30

川崎市役所の正面入口に貼り出された啓発ポスター
川崎市役所の正面入口に貼り出された啓発ポスター

 あらゆる差別の禁止と根絶をうたい、1日に全面施行された「川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例」を巡り、市と市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は6日、運用の在り方について意見交換した。市民ネットワークからは条例への期待と実効性のある運用を求める声が寄せられ、市は改善や適切な対応を約束した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

こちらもおすすめ

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

連載・企画に関するランキング

    アクセスランキング