1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. 〈時代の正体〉表現禁止「根拠ない」駅前掲示物、一律規制を批判

〈時代の正体〉表現禁止「根拠ない」駅前掲示物、一律規制を批判

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2018年2月23日(金) 02:00

自由法曹団神奈川支部の指摘を受けて撤去された掲示 (同支部提供)
自由法曹団神奈川支部の指摘を受けて撤去された掲示 (同支部提供)

【時代の正体取材班=石橋 学】駅前でのビラまきなどの宣伝活動を禁止する行政の掲示物が「法的根拠もなく表現の自由を制限している」との指摘を受け、撤去される事例が相次いでいる。県内各駅の状況を調査している自由法曹団神奈川支部は22日会見し、規制の掲示物が「路上の宣伝活動が一律に禁止されるものであるかのようにPRし、市民を萎縮させてきた」と批判。無自覚で法を逸脱した規制が放置されている状況に警鐘を鳴らしている。

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区にある日産本社前のペデストリアンデッキには横浜市西土木事務所名で「物品の販売、宣伝活動、ビラ・チラシの配布等の行為を禁止します」と記載されていた。同支部が根拠法令・条例を尋ねたところ「法的根拠がなかった」との回答があり、1月23日に撤去された。

 同土木事務所の担当者は神奈川新聞の取材に対し、「ちらし配りが通行の妨げになっているとの声を受けて掲示したが、法的根拠がない以上、制限は不適切。きちんと検討すべきだった」としている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

フラッシュモブに関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング