1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. 河野談話 継承明言も「骨抜き」に

時代の正体 日本軍「慰安婦」考(中)
河野談話 継承明言も「骨抜き」に

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2021年6月11日(金) 09:30

外務省のホームページで公開されている河野談話

 「従軍慰安婦」という表現は軍による強制連行との「誤解を招くおそれ」があるという理由で、「慰安婦」とすることが適切とした閣議決定。用語の規定を通して軍の関与と強制性を否定する狙いが透けて見えるが、同時に国としてそれらを認め、謝罪の気持ちを表明した河野談話を「継承している」と明言する。その大きな矛盾には、河野談話を目の敵としつつ、談話を尊重せざるを得ない否定論者のジレンマが読み取れる。河野談話を巡る政治の攻防をたどる。

 「河野談話は事実上、『慰安婦』制度の強制性を認めている。談話は否定できないが、そこに述べられていることを反故(ほご)にしているのだ」。教科書問題で活動する市民団体「子どもと教科書全国ネット21」の鈴木敏夫事務局長は、閣議決定についてこう語る。

 談話を無効化するような動きは政治の場で脈々と続いてきたとし、「そうした流れの延長上で、『従軍慰安婦』問題を否定したい考え方を 政府見解として権威付けたことになる 形だ」と分析した。

見直し浮上は第1次安倍政権

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

慰安婦問題に関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング