1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. ヘイト規制「条例でできることある」 川崎市に注文相次ぐ

時代の正体 差別のないまちへ
ヘイト規制「条例でできることある」 川崎市に注文相次ぐ

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年12月22日(火) 05:00

 川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例に基づき、人権施策の基本計画策定に取り組む「市人権尊重のまちづくり推進協議会」が21日、開かれた。横行する差別扇動街宣やインターネット上のヘイトスピーチを巡り、市の対応に疑問や注文が相次ぎ、条例施行後も不十分さが指摘される被害者救済にどう取り組むかが論点として示された。

 委員からは、20日もJR川崎駅…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別根絶条例に関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング