1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. ネット差別「早期救済を」 川崎、条例運用で苦言続出

時代の正体 差別のないまちへ
ネット差別「早期救済を」 川崎、条例運用で苦言続出

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年12月4日(金) 05:00

 川崎市議会第6回定例会が3日に開いた本会議で、代表質問に立った市議から7月に全面施行された市差別禁止条例の運用に関する苦言が相次いだ。インターネット上で差別発言にさらされた被害者の救済までに「時間がかかりすぎ」との指摘が集中したが、市側は「表現の自由」を理由に「慎重に対処する必要がある」と繰り返した。

市、改善に言及せず

代表質問で川崎市差別のない人権尊重のまちづくり条例についてただす自民党の各務雅彦氏=川崎市役所

 ネット上のヘイトスピーチに対する市の対応を巡り、自民党会派の各務雅彦氏は「時間がかかりすぎ」「削除件数が少ない」といった条例施行後に寄せられた市への指摘を紹介。現状認識をただされた福田紀彦市長は「いろいろな意見をいただいているが、『表現の自由』に留意した上で慎重かつ丁寧に対応する必要がある」と釈明した。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

差別に関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング