1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 企画
  4. 時代の正体
  5. ヘイト街宣、過激化 禁止条例背き憎悪扇動

時代の正体 差別のないまちへ
ヘイト街宣、過激化 禁止条例背き憎悪扇動

時代の正体 | 神奈川新聞 | 2020年9月8日(火) 09:00

YouTubeで動画が公開されている5日のヘイト街宣の様子

 極右政治団体・日本第一党党員らでつくるヘイト団体「日の丸街宣倶楽部」が5日、JR川崎駅前で無告知の街宣を行い、外国人への差別や憎悪をあおるヘイトスピーチを繰り返した。差別の禁止と根絶を掲げた市の条例施行後、差別主義者らの活動は常態化している上、巧妙化、過激化の気配も見せる。マイノリティー市民の平穏な暮らしを脅かす被害が続いており、市には条例に基づく抑止策が求められる。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

ヘイトスピーチに関するその他のニュース

時代の正体に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

企画に関するその他のニュース

アクセスランキング