照明灯
弱さを貫き

照明灯 | 神奈川新聞 | 2020年2月16日(日) 09:00

 〈埋(うず)み火に足さしくべて臥(ふ)せれどもこよひの寒さ腹にとほりぬ〉。江戸時代後期の禅僧・歌人、良寛が詠んだ。残り火で足を温めて寝ようとしても寒気はおなかにまで達したというのである  ▼雪深い越後国(今の新潟県)の粗末な草庵(そうあん)で、つらく長い厳冬期を耐え忍んだ。74歳まで生きたが、体の…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

幸福感に関するその他のニュース

照明灯に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング