1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 論説
  4. 照明灯
  5. いまだ独立国にあらず 日米安保条約と地位協定60年

照明灯
いまだ独立国にあらず 日米安保条約と地位協定60年

照明灯 | 神奈川新聞 | 2020年1月19日(日) 10:00

 元刑事は憤怒の形相だった。2004年の沖縄国際大米軍ヘリ墜落事故。当時、元刑事は沖縄県警の捜査1課長だった  ▼墜落直後、隣接する普天間飛行場のフェンスを数十人の米兵が乗り越え、大学構内になだれ込んで一帯を封鎖した。警察も消防も近寄れず、すんなり通されたのはピザの配達員だけ。騒ぎの傍らでピザをぱく…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

普天間に関するその他のニュース

照明灯に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング