照明灯
飛び恥

照明灯 | 神奈川新聞 | 2019年12月23日(月) 09:45

 「地球がもし100㎝の球だったら」(文・永井智哉、絵・木野鳥乎、世界文化社)という本を折に触れて開く。人間の罪深さを内省するために▼海の平均の深さは0・3ミリ。空気は1ミリの厚さしかない。卵の薄皮のような層に144万種もの生き物が暮らす。人間は10万倍の顕微鏡でようやく見ることができる。同書は諭す…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

地球温暖化に関するその他のニュース

照明灯に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング