照明灯
祈りの踊り

照明灯 | 神奈川新聞 | 2019年5月30日(木) 11:00

 清貧を体現したような骨張った形相。身なりも質素の極み。時宗を開いた一遍は捨聖(すてひじり)とも呼ばれる。藤沢の遊行寺(清浄光寺)など神奈川にも縁が深い。「旅ごろも木の根かやの根いづくにか身の捨られぬ処あるべき」▼鎌倉新仏教が勃興した世にあって、まとう法衣は粗雑に編んだ網衣(あみぎぬ)(阿弥衣)だけ…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

大道芸に関するその他のニュース

照明灯に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング