照明灯
表現の不自由

照明灯 | 神奈川新聞 | 2020年11月10日(火) 09:00

 理不尽な密告、息苦しい監視、抗議の圧殺…。桐野夏生の最新刊「日没」(岩波書店)は「表現の不自由」の近未来を描く恐ろしい小説だ。現代の重苦しさをうがつ鋭敏さに驚く  ▼主人公は女性作家。彼女のもとに「総務省文化局・文化文芸倫理向上委員会」から「召喚状」が届く。委員会の職員に案内されたのは「療養所」…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

表現の自由に関するその他のニュース

照明灯に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング