1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 論説
  4. 社説
  5. 【社説】死刑制度 冷静に問い直す機会に

【社説】死刑制度 冷静に問い直す機会に

社説 | 神奈川新聞 | 2016年11月29日(火) 09:22

社説
社説

 国が受刑者の生死に関与することは、是か非か。

 日本弁護士連合会が死刑制度の廃止などを国に求めた宣言を先ごろ採択したことで、制度の存廃をめぐる議論が起きている。

 被害者や遺族の心情を重視する弁護士グループは採択に反対の立場だ。また、世論も存続を容認する意見が大半を占めている。

 感情論を抜きに語りづらい、重く苦しいテーマである。しかし、採択を機に、制度そのものに加え、犯罪を生む社会的な背景、被害者の支援の在り方といったさまざまな問題について冷静に考えてみたい。

 日弁連は先月、2020年までの制度廃止と終身刑の導入などを盛り込んだ宣言を採択した。無実の人間を極刑にしてしまう可能性を拭えないとの懸念が根幹にある。静岡地裁が14年3月

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

死刑に関するその他のニュース

社説に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング