1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 論説
  4. 社説
  5. 【社説】核兵器廃絶 被爆国の使命を果たせ

【社説】核兵器廃絶 被爆国の使命を果たせ

社説 | 神奈川新聞 | 2018年1月20日(土) 11:04

社説
社説

 「あなたはどこの国の総理ですか」-。昨年8月、長崎の原爆被爆者が安倍晋三首相に向けた言葉を思い起こさずにはいられない。

 首相が日程を理由に、ノーベル平和賞を受賞した非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長との面会を断り、事務局長は離日した。

 理解に苦しむ対応だ。政権が核軍縮の理想より米国の「核の傘」に守られている現実を重視している証左だ。ICANが国連での採択に貢献した核兵器禁止条約の交渉に参加しなかったからこそ、面会に応じるべきだった。面談拒絶は国際社会に誤ったメッセージを送ることになる。

 核兵器の非人道性に疑問の余地はない。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

安倍晋三(政治家)に関するその他のニュース

社説に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング