1. ホーム
  2. 連載・企画
  3. 論説
  4. 社説
  5. 参院選の改憲論議 煽り手法は分断を招く

社説
参院選の改憲論議 煽り手法は分断を招く

社説 | 神奈川新聞 | 2019年7月13日(土) 09:38

 「憲法を議論する政党か、責任を放棄して議論しない政党か」。参院選が公示され、公約に掲げた憲法改正の中身に理解を求めるのでなく、議論の進め方でも二者択一を迫る安倍晋三首相の言いように違和感が拭えない。  首相が本来、国民に対して責任を負うべきは、改憲でなく憲法の理念の実現である。改憲は首相の宿願と…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

かながわ参院選2019に関するその他のニュース

社説に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

論説に関するその他のニュース

アクセスランキング