1. ホーム
  2. PR
  3. 今のうちに考えてみませんか いざという時のペット対策

横浜市獣医師会 意見広告
今のうちに考えてみませんか いざという時のペット対策

PR | 神奈川新聞 | 2022年3月11日(金) 00:00

 近年、飼い主の方々の動物愛護への関心の高まりにともない、健康なうちから「かかりつけ動物病院」を決めて、ペットの健康管理をされている方も増えてきたように思われます。

 犬猫の長寿化もすすんでおり、飼い主の想定を超えて長く生きることも多くなってきています。その結果、飼い主の高齢化によって散歩などの世話を十分にすることができなくなり、手元から離さざるを得なくなった、という話も耳に入るようになりました。

 また、2020年から新型コロナウイルス感染症の流行に伴い、飼い主が突如入院を余儀なくされ、飼っているペットの世話が困難になった例もありました。新型コロナに限らず、突発的な病気や、事故などによって入院せざるを得なくなる可能性は誰にでもあります。

 いざという時に信頼してペットを預けられる、親類、知人、動物病院やペットホテルなどの家族以外の預け先を見付けておくと安心です。平常時から、信頼のおける方を探して、お願いしておくと良いでしょう。

 併せて、災害時にペットと一緒に避難所に行く「ペット同行避難」について改めて考えてみてはいかがでしょう。同行避難をしても、避難所にはペットに関する備蓄品はないこと、飼い主と同室で飼育管理できるわけではないことなど課題があります。

 また、雷、竜巻や地震といった荒天、災害時には、驚いたペットが逃げ出して、迷子にな ってしまう事があります。対策として、万が一見失ってしまっても再会することができるよう、ペットへのマイクロチップの装着をお勧めします。

提供:公益社団法人 横浜市獣医師会(会長 溝呂木 啓之) 
横浜市磯子区西町14―3 電話045(751)5032

PRに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング