1. ホーム
  2. PR
  3. 地震火災の対策に 感震ブレーカーを設置しましょう

横浜市 市民の広場
地震火災の対策に 感震ブレーカーを設置しましょう

PR | 神奈川新聞 | 2022年4月25日(月) 10:36

 大地震(おおじしん)時における火災のうち、6割以上が電気に関係する出火が原因と言われています。

 「感震ブレーカー」は地震の大きな揺れを感じた場合に電気を自動で遮断する器具で、電気火災の発生を抑制する効果があります。

 横浜市では、地震火災による被害が大きいとされる地域を対象に感震ブレーカー(簡易タイプ)の器具助成等を行っています。この機会に、ぜひ感震ブレーカーの設置をご検討ください。

 ※対象地域を有する区:鶴見区、神奈川区、西区、中区、南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、港北区、戸塚区、泉区

 詳しくは、横浜市ホームページまたは二次元コードからご確認ください。

問い合わせ

【感震ブレーカー助成事業申し込みについて】
横浜市防火防災協会
電話714-0929
fax.714-0921

【感震ブレーカー設置促進に関して】
総務局地域防災課
電話671-3456
fax.641-1677

(提供:横浜市政策局報道担当 水・土曜日神奈川新聞掲載)

PRに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング