1. ホーム
  2. PR
  3. 神奈川新聞新春トップインタビュー2021
  4. 神奈川新聞新春トップインタビュー2021

神奈川大学
神奈川新聞新春トップインタビュー2021

PR | 神奈川新聞 | 2021年1月1日(金) 00:00

神奈川大学 理事長・学長
兼子 良夫 氏

グローバル人材を育成

 昨年9月理事長に就任、学長との兼任となりました。少子化による競争時代ですが、2016年の学長就任時から取り組んできた改革をさらに加速します。

 今年4月には横浜・みなとみらい21(MM21)地区に「みなとみらいキャンパス」を開設します。ここには外国語学部、国際日本学部(今年度開設)、経営学部のグローバル系3学部を設置。日本ならではの「寛容な心」「共生」といった価値観を理解し、人類の課題を解決できるグローバルな人材の育成を目指します。「日本常民文化研究所」など、高度な研究資源も活用します。

 世界的な企業が進出し、美術館などの文化施設が揃うMM21地区は、教育面で学外との相乗効果が期待できます。横浜港を臨む場所であり、キャンパスは「世界に開かれた大学」を象徴する存在となるでしょう。

 同キャンパスには「社会連携センター」も設置します。23年度には理学部が横浜キャンパスに移転し、全学部が横浜に集結しますが、同センターには各学部や企業が活発に交流し、複雑化した地球規模の課題を議論する“サロン”のような役割を期待しています。

 国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)の推進は重点施策で、県、横浜市と包括連携協定を締結しています。地球規模で考え地域で行動し、多様な課題の解決に貢献します。

 コロナ禍ですが、安心安全に最大限の配慮をしながら、学生の対面機会が増やせるよう努め、オンラインとのハイブリッド授業を推進します。

 28年の創立100周年に向け改革を成就し、創立者米田吉盛が唱えた「教育は人を造るにあり」を実現する、永続的で希望ある大学を創り上げていきます。

横浜市神奈川区六角橋3-27-1
☎045(481)5661(横浜キャンパス)
【大学概要】全国はもとより世界から約1万8000人の学生が集う、文・理8学部の総合大学。21年みなとみらいキャンパス誕生、22年4月には建築学部(設置構想中)を開設予定。

PRに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング