1. ホーム
  2. PR
  3. WE21ジャパン、循環経済テーマに講演会

SDGs神奈川
WE21ジャパン、循環経済テーマに講演会

PR | 神奈川新聞 | 2022年6月20日(月) 05:00

オンライン講演会で、多くの実例を挙げながらサーキュラーエコノミーについて紹介する加藤さん(左)

 大量生産・消費・廃棄を伴わない新しい経済概念、サーキュラーエコノミーをテーマにした講演会が5月28日、オンラインで開かれ、企業やNPO関係者ら約50人が参加した。リユース・リサイクルや民際協力などに取り組む認定NPO法人「WE21ジャパン」の主催。

 講師は、ウェブメディア企業「ハーチ」代表取締役の加藤佑さん。豊富な実例を基に、基本概念から目指す未来像まで解説した。

 まず、大量廃棄が生じる現状をリニアエコノミー(直線経済)として、廃棄物が出ないサーキュラーエコノミーへの移行が不可欠と説明。製品と素材の循環、自然再生-などの原則を紹介し、「人間が活動するほど、むしろ環境や社会がより良くなっていく仕組みをつくれないか」という発想があることを解説した。

 また、最先端の取り組みが進むオランダや、横浜をはじめ国内で行われている多彩な例を紹介しながら、すでに日本では江戸時代に循環社会が実現していたことを示し、「江戸の知恵」をきちんと見ることで現代へのヒントがたくさんあると指摘した。

 日本はいろいろなものを融合する力と持続可能な文化を持っていると語る加藤さんは「サーキュラーエコノミーの究極の目的はウェルビーイング(長期的な幸せ)」として「実現に向けて一人一人の力を信じることが大切」と締めくくった。(波多野 寿生)

SDGsに関するその他のニュース

PRに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング