1. ホーム
  2. PR
  3. 手厚い支援で起業をサポート

SFC-IVが入居者募集中
手厚い支援で起業をサポート

PR | 神奈川新聞 | 2020年9月14日(月) 00:00

 起業や新規事業の立ち上げを総合的に支援する起業家育成施設「慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)」が、新たな入居者を募集している。募集情報はこちらから

中小企業基盤整備機構が運営する慶應藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)

 SFC-IVは慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス近くに立地。施設を整備、運営する中小企業基盤整備機構と、神奈川県や藤沢市などの行政機関、慶應義塾大学が一体となって連携し、ヒト、モノ、カネや情報など入居者が必要とする支援を提供する。ベンチャー企業の創業支援に留まらない地域活性化の拠点となることを目的に、2006年の設立以来実績を積み重ねてきた。SNSなどで大きな話題になった「うんこミュージアム」を手掛けたカヤック(鎌倉市)も、以前SFC-IVにオフィスを構えていたという。

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス近くに立地し、ベンチャー企業を支援する

 SFC-IVには産官学の支援の窓口として、事業達成をサポートする「インキュベーション・マネージャー」が常駐。施設面では、大会議室や相談室、リフレッシュラウンジなどが無料で使えるほか、研究開発に欠かせない試作開発室を備えるなど、研究成果の事業化を目指す研究者や起業を志す学生、大学との連携による起業や新たな分野への進出を目指す中小企業にとって便利な環境が構築されている。

入居者が無料で使えるリフレッシュラウンジ

 今回の募集期間は2020年9月14日(月)~9月24日(木)の17時半まで。対象となるのは、下記のいずれかに該当するベンチャー企業(起業準備段階も含む)

 ①大学の研究成果を基に起業した
 ②大学と共同研究などを行った、または行っている
 ③大学から技術移転、技術相談・支援、経営相談・支援などを受けた、または受けている
 ④(大学の教育・研究と深い関連のある)学生・卒業生
 ⑤大学の講座等を受講して起業した

 各種必要書類による審査(必要によって面接などを実施する場合もあり)ののち、10月下旬頃に入居決定通知を送付予定。入居開始は11月中旬以降となる見込みだ。

 お申込み・お問い合わせは、独立行政法人中小企業基盤整備機構 関東本部 慶應藤沢イノベーションビレッジ☎0466(49)3910、メール(sfc-iv-info@smrj.go.jp)。施設HPはこちらから

こちらもおすすめ

PRに関するその他のニュース

PRに関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

PRに関するランキング

    アクセスランキング