1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 防災・減災:特別企画

防災・減災:特別企画

社会 | 2020年9月12日(土) 02:38

防災・減災

 地震、津波、台風、豪雨、火山噴火。自然災害の多様なリスクを抱える神奈川では、都市化が進み、大きな被害や影響が想定されている。備えはできているか。歴史からの教訓とは何か。

台風19号から1年

 猛烈な雨で県内各地が深刻な被害に見舞われた2019年10月の台風19号上陸から1年。暮らしを取り戻し、再来に備える─。命の危険にさらされた人々の模索を追う。

豪雨から命を守る

 風水害時の避難が問われ続けている。温暖化を背景に「猛雨」が増え、台風や豪雨のリスクが高まると予想される中、どう行動すべきか。課題と模索を追う。

防災をもっと知る
有料会員登録はこちら

猛暑、大雨~異常気象

2019年・台風被害 ~ 爪痕と教訓

 2019年秋に神奈川に接近した台風15号・19号。強風や高波、河川氾濫、土砂崩れといった大きな被害を残して去った。爪痕から地域社会がくむべき教訓とは。

【写真特集】台風19号 ギャラリーはこちら
【写真特集】台風15号 ギャラリーはこちら

ダム運用 記事一覧はこちら

減災新聞

 さまざまな切り口から「減災」に焦点を当てた記事をまとめています。

減災 記事一覧はこちら

防災をもっと知る
有料会員登録はこちら

未曽有に学ぶ ~ 関東大震災の教訓

 1923年9月1日、神奈川にも甚大な被害をもたらした関東大震災。当時の災害やその後の復興から、今もくみとれる教訓を探る。

関東大震災の教訓 記事一覧はこちら

防災に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング