1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. ハナモモの出荷ピーク、桃の節句に向け宮前区の園芸農家/川崎

ハナモモの出荷ピーク、桃の節句に向け宮前区の園芸農家/川崎

社会 | 神奈川新聞 | 2012年2月22日(水) 11:18

桃の節句に向け、川崎市宮前区馬絹の園芸農家「吉忠」吉田義一さん(67)方では、ハナモモの出荷作業に追われている。ピンク色につぼみが膨らんだ枝と、注文で五分咲きまで咲かせた枝が並ぶ。

山から切り出された枝を、通常なら室温を25度に設定したムロに3~4日入れ開花時期を調整するが、今年はムロに入れる日数が長くなっている。

「寒さでつぼみが堅く膨らむのが遅れ、ムロに入れるのも6日前後と長くなっています。花のつきは例年通りいいです。桃の節句に、女の子の幸せのために飾ってほしいですね」と吉田さん。出荷のピークは今月末まで続く。

【】

モモに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング