1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 春の兆し、フキノトウ/秦野

春の兆し、フキノトウ/秦野

社会 | 神奈川新聞 | 2012年1月31日(火) 00:11

顔をのぞかせたフキノトウ=秦野市今泉の丘陵地
顔をのぞかせたフキノトウ=秦野市今泉の丘陵地

春の兆し、ちらほら―。厳しい寒さが続く中、秦野市今泉の丘陵地では自生するフキノトウが顔をのぞかせている。

キク科フキ属の多年草。4センチ前後のつぼみが、霜柱の残る土壌や落ち葉の隙間に散見できる。日差しを浴びて、淡い緑色がようやく存在感を示し始めた。

北寄りの風が強く吹いた30日、近くの主婦は「寒さのせいか例年よりまだ小さめ。ふきのとうみそや天ぷらにして食べています」と春の“息吹”を堪能するのを楽しみにしていた。

【】

天ぷらに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング