1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. アマゾンを主婦目線で、日本語教師中瀬さんが滞在体験記を出版/神奈川

アマゾンを主婦目線で、日本語教師中瀬さんが滞在体験記を出版/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2012年1月20日(金) 12:04

アマゾン主婦目線で滞在体験記を出版日本語教師中瀬さん
アマゾン主婦目線で滞在体験記を出版日本語教師中瀬さん

県立座間総合高校に勤務する中瀬洋子さん(54)=横浜市青葉区=が、国際協力機構の日系社会シニアボランティアとしてブラジル・アマゾンに滞在した体験記「アマゾンの空飛ぶ日本語教師」を出版した。初の海外生活となるアマゾンでの日常と、そこに暮らす人々を「ごく普通の主婦」の目線でつづっている。

中瀬さんは2008年7月から2年間、ブラジル北部の都市ベレンを拠点に活動。広大なアマゾンに点在する日本語学校を回り、現地の教師を指導した。

日本人のアマゾン移住から80年余。苦難を乗り越えてきた日系社会に身を置き「これまで意識することがなかった日本人としての誇りを初めて感じた」。地球の裏側で日本文化を大切に受け継ぎ、日本語をアイデンティティーのよりどころに「たくましく、おおらかに生きる」日系人の姿を記す。

多様な文化を受け入れるブラジル社会の懐の深さにも魅せられた。雄大な自然や街角の光景などを交え、「出自や肌の色、貧富の差で壁をつくることのない心豊かな人々」を描く。

座間総合高校では教員補助として外国籍の生徒の授業をサポートする中瀬さん。「異なるものとの触れ合いの大切さ、それが自分自身を知ることにもつながることを感じてもらえれば」と話している。

A5判152ページ。1680円。問い合わせなどは、無明舎出版電話018(832)5680、ホームページhttp://www.mumyosha.co.jp/

【】

ボランティアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング