1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 辰年にちなんで「開運龍魚」展示、新江ノ島水族館で/藤沢

辰年にちなんで「開運龍魚」展示、新江ノ島水族館で/藤沢

社会 | 神奈川新聞 | 2011年12月31日(土) 20:40

タツノオトシゴの仲間のオオウミウマ(新江ノ島水族館提供)
タツノオトシゴの仲間のオオウミウマ(新江ノ島水族館提供)

新江ノ島水族館(藤沢市片瀬海岸)は2012年の辰(たつ)年にちなんで、1月31日まで「開運龍魚 ハッピーニューイヤーin新江ノ島水族館」と題する企画展を行う。タツノオトシゴや、中国で「龍魚」とされるアロワナなどを展示するという。

見どころは「ジャンピング龍魚」と銘打った水槽。1億年以上もほとんど姿を変えずにアマゾンに生息するシルバーアロワナを展示。水面近くに寄ってきた虫を捕らえるために、巨体を躍らせて、空中へ数十センチ跳ぶ姿が見られるという。

ジャンプは1~3日と、1月中の土日のみ。いずれも午前11時と午後2時の2回の約5分間だけその勇姿を見るチャンスがある。

「跳び上がる姿は、竜が空に舞い上がるように迫力があります。新年にめでたい昇竜をぜひ見ていただきたい」(広報担当者)と話している。

このほか「辰年~ドラゴン~」と題する水槽では、タツノオトシゴの仲間のオオウミウマや、フィンガードドラゴネット(イッポンテングリ)、ウオータードラゴンなどを紹介する。

赤と金色の2匹が展示されるのは「開運龍魚~江の島龍神伝説~」。古代魚「アジアアロワナ」は、中国で竜の化身とされ、幸運を呼ぶ魚とされていることから、展示で新たな年の開運を祈念するという。

【】

新江ノ島水族館に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング