1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鮮やか金太郎大もみじ、直径1メートル色づきピークに/南足柄

鮮やか金太郎大もみじ、直径1メートル色づきピークに/南足柄

社会 | 神奈川新聞 | 2011年12月11日(日) 19:54

南足柄市矢倉沢の地蔵堂地区にある巨木「金太郎大もみじ」が紅葉の最盛期を迎えている。周辺の木々も色づきはピークとなっており、紅、茶、黄の鮮やかな色彩を楽しめる。

金太郎大もみじは、幹の直径が1メートルに及び、毎年晩秋に葉は燃えるような紅に染まる。金太郎の生家跡や、産湯につかったという夕日の滝などが点在する「ゆかりの里」のシンボル。

同市観光協会によると、今年は例年に比べて1週間ほど色づきが遅く、週明けごろまでが見ごろとなりそう。暦の上では「大雪」を過ぎた現在も“初冬の紅葉”を求めて観光客が訪れている。

伊豆箱根鉄道大雄山駅から「地蔵堂」行きバスで終点下車、徒歩約3分。問い合わせは同協会電話0465(74)2111。

【】

夕日の滝に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング