1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 東京モーターショー:最先端支えるサプライヤー、独自性で存在感/神奈川

東京モーターショー:最先端支えるサプライヤー、独自性で存在感/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年12月1日(木) 17:13

パイプ状にして成形し、軽量化したニッパツの「中空コイルばね」
パイプ状にして成形し、軽量化したニッパツの「中空コイルばね」

東京モーターショーでは、県内サプライヤーの出展も目立つ。完成車メーカーが華やかに展示する一方で、地味ながら独自性のある技術で存在感を発揮。いずれも自動車産業を下支えする製品を展示している。

ニッパツ(横浜市金沢区)は、自動車用シートやばねを展示する。注目は「中空コイルばね」だ。素材をパイプ状にして、ばねに成形している。従来の強度を維持しながら、大幅に軽量化した。2013年中の製品化を目指すという。

ヨロズ(同市港北区)は、サスペンション「軽量リアアクスルビーム」を出品。製造法を工夫したことで、構成部品を半分以下に減らした。担当者は「この技術をグローバル展開したい」と期待する。

日産車体(平塚市)は、食品配送などに用いられる新型冷凍車を公開。従来はエンジンの動力で荷室内を冷やしていたが、EVのリチウムイオン電池を使う。

信号待ちでエンジンを停止していても、冷蔵、冷凍機能が維持できるのでアイドリングストップが可能になるという。

初めて出展するのは、デジタル家電などのコネクターを手掛ける日本モレックス(大和市)。自動車のドアミラーなどに用いる小型コネクターなどを並べる。担当者は「自動車に特化した展示会に出ることで、販路を広げたい」と意気込んでいた。

【】

モーターショーに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング