1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 国家安泰など願い海岸で流鏑馬、人馬一体の妙技に歓声/逗子

国家安泰など願い海岸で流鏑馬、人馬一体の妙技に歓声/逗子

社会 | 神奈川新聞 | 2011年11月20日(日) 22:41

的を狙って馬上から矢を放つ射手=逗子市の逗子海岸
的を狙って馬上から矢を放つ射手=逗子市の逗子海岸

五穀豊穣(ほうじょう)や国家安泰を祈願する流鏑馬(やぶさめ)の行事が20日、逗子市の逗子海岸であった。疾走する馬上から射手が的を射抜くたび、詰め掛けた見物客から拍手や歓声が湧き起こった。

逗子市商工会流鏑馬実行委員会の主催で20回目。

鎌倉時代の歴史書「吾妻鏡」に、同海岸周辺と思われる海辺で笠懸(かさがけ)が行われたという記述が残っていることにちなみ、地域振興の一環で毎年実施している。

狩り装束姿の射手9人が約190メートルの馬場を疾走。腰に差した矢を素早く抜き、3カ所の的を狙い次々に放った。的を射抜くたびに「パーン」という乾いた音が海岸に響き渡り、会場から歓声が上がった。

このほか、武者行列や稚児行列も行われ、武将や姫君を装った市民ら約50人が地元商店街を勇壮に練り歩いた。

【】

逗子海岸に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング