1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 平塚市が子どもの遊び場など放射線量測定、初日は異常値なし/神奈川

平塚市が子どもの遊び場など放射線量測定、初日は異常値なし/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年11月7日(月) 19:39

平塚市は7日、子どもたちが使用する施設で、園庭、滑り台下、ブランコ下、砂場、側溝、雨どい下、落ち葉の集積所などを対象にした放射線量測定調査を開始した。これまでも小中学校のグラウンドなどの測定は行ってきたが、追加的に「放射線量が高くなりやすい場所を測る」としている。

対象は幼稚園3、小学校8、中学校4、保育園4、こどもの家2、公園8の計29施設で、順次測定を行う。

初日の7日は、大神(大神)、金田(入野)、吉沢(上吉沢)、花水台(花水台)の4市立保育園で、園庭、砂場、滑り台下、ブランコ下の各4カ所について、5センチ、50センチ、1メートルの高さで測定した。

結果は、最高でも毎時0・06マイクロシーベルトで、市環境保全課では「除去作業等の判断の目安としている毎時0・23マイクロシーベルトを超える場所はなかった」としている。

【】

落ち葉に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング