1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. インド・ネパール、アラビア、フィリピン、国際色豊かな結婚式/海老名

インド・ネパール、アラビア、フィリピン、国際色豊かな結婚式/海老名

社会 | 神奈川新聞 | 2011年11月1日(火) 22:50

日本、韓国、アラビア…。国際色豊かな衣装で結婚式を行ったカップル=海老名市中央のオークラフロンティアホテル海老名
日本、韓国、アラビア…。国際色豊かな衣装で結婚式を行ったカップル=海老名市中央のオークラフロンティアホテル海老名

国際色豊かな結婚式で一生の思い出にしてもらおうと、ことしで50周年を迎えた厚木地区美容業組合(葉山喜義組合長)は1日、海老名市中央のホテルで記念イベント「ワールドウェディング」を開催した。

50周年のキャッチコピー「出会いに感謝」から企画。同組合が募集したカップル6組がそれぞれ日本、韓国、インド・ネパール、アラビア、フィリピン、英国の民族衣装などを着て人前式に臨み、集まった親族・友人らから祝福を受けた。

日本の三三九度や、13枚の硬貨を新郎から新婦に渡すフィリピンのアラスなど、現地の結婚式の習慣も盛り込んだ本格的な内容となった。

インド・ネパールの民族衣装を身にまとって挙式した松田大介さん(34)=厚木市妻田西=は「普段着られないものだし、いい経験になった」と笑顔。妻の祐子さん(32)は「インドやネパールへの興味がわいた」と話していた。

【】

民族衣装に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング