1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 元三浦市職員が、城ケ島の風景や人々をテーマに写真展開催/神奈川

元三浦市職員が、城ケ島の風景や人々をテーマに写真展開催/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年11月1日(火) 16:04

元三浦市職員でアマチュアカメラマンの渡邊孝明さん
元三浦市職員でアマチュアカメラマンの渡邊孝明さん

初日の出を待ち、肩をすぼめて湯気の立つみそ汁をすする子どもたち。元三浦市職員でアマチュアカメラマンの渡邊孝明さん(69)=横須賀市武=が同市三崎の産直施設「うらり」で、城ケ島の風景や人々をテーマにした写真展を開いている=写真。8日まで。

「変わりゆく町や、日常を一生懸命に生きる人々の表情を記録したい」。渡邊さんは市役所退職後、都内の専門学校に4年間通ってカメラの腕を磨いた“実力派”。昨年8月から約1年間、城ケ島の自然や人物を撮影し続け、その中から35点を選んで展示した。

城ケ島大橋の下に広がる砂浜で貝殻を集める子どもたち。人通りの少ない商店街をつえを突きながら歩く籠を背負ったお年寄り。飾らない普通の暮らしを切り取った作品が多い。渡邊さんは「地元の人々の生き生きとした表情を見てもらいたい」と話している。

午前9時~午後5時(最終日は同3時)。入場無料。

【】

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング