1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 「がんに勝つ」と広告、出版社元社長ら5人を薬事法違反容疑で逮捕/神奈川県警

「がんに勝つ」と広告、出版社元社長ら5人を薬事法違反容疑で逮捕/神奈川県警

社会 | 神奈川新聞 | 2011年10月6日(木) 23:45

キトサンコーワ社の販売していた未承認の医薬品や、現代書林が発行した医薬品の効能をうたった書籍=県警本部
キトサンコーワ社の販売していた未承認の医薬品や、現代書林が発行した医薬品の効能をうたった書籍=県警本部

「がんに打ち勝つ」などの効能をうたった書籍を利用して未承認の医薬品「キトサンコーワ」を広告し、無許可で販売したとして、県警生活経済課と南署は6日、薬事法違反(医薬品の無許可販売、同ほう助など)の疑いで、東京都八王子市、健康食品販売会社「キトサンコーワ」社長國安春子容疑者(65)と、長野県軽井沢町、出版社「現代書林」元社長武谷紘之容疑者(72)や同社社員、元社員ら計5人を逮捕した。

県警によると、無許可の医薬品の販売を助けたとして出版社が立件されるのは全国初という。

ほかに逮捕されたのは、横浜市神奈川区白幡上町、現代書林社員川原田修(58)、東京都日野市、元同社社員萩原敏明(38)、千葉県市川市、フリーライター石田義孝(54)の3容疑者。

5容疑者の逮捕容疑は、共謀し、キトサンコーワの効能などを掲載した書籍を発行、2009年6月から10年7月までの間、座間市内の女性(64)ら男女6人に6部を送付した、としている。

國安容疑者の逮捕容疑は、09年6月から今年4月までの間、キトサンコーワ計84瓶(1瓶約400粒入り)やお試しサイズ10袋を、6人に計約80万円で販売した、などとしている。

調べに対し、國安容疑者は「薬事法に違反するとは知らなかった」、武谷容疑者は「販売には関わっていない。広告ではなく、情報提供」と供述、ともに容疑を否認しているという。

◆内容「ほぼでっち上げ」

「がんが消えた」「心臓病が治った」。現代書林が2002年に発行した書籍には、カニなどの殻に含まれる繊維質を加工したという「キトサン」で病気を克服した体験者の証言が並ぶ。掲載された12人の医師・研究者が効果を称賛する文言もある。商品写真が掲載され、巻末にキトサンコーワ社の問い合わせ先が記されている。

だが、その内容は「ほとんどでっち上げ」(県警)。県警によると、武谷容疑者の指示で、萩原容疑者が企画。石田容疑者が執筆し、川原田容疑者が編集していた。しかし、医師らに記載内容を示して確認することはしていなかったとみられる。

出版は、現代書林が持ち掛けた。キ社がホームページで「がん抑制作用」などと効能を強調しているのを見た武谷容疑者らが、國安容疑者に本に商品を掲載すればもうかると提案。1冊目は1999年で、購入者に商品とともに送付したほか、書店でも販売した。発行翌年の売り上げは約5600万円で、前年の倍近くまで伸びた。商品は97年6月からことし1月までに全国の約2500人が購入。売り上げは約3億5千万円に上る。県警によると、被害者は乳がんの義母のためになど、いずれも「わらをもつかむ思いで買い続けた」という。

かながわ中央消費生活センターによると、健康食品に関する苦情・相談は10年度で607件、うち薬効をうたった商品に関する苦情・相談は45件あった。捜査幹部は「今回の事件は詐欺に近い行為で、非常に悪質」と指摘した。

【】

心臓病に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング