1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市中央卸売市場南部市場で青果の放射性物質検査始まる、食の不安払拭を狙う/横浜市

市中央卸売市場南部市場で青果の放射性物質検査始まる、食の不安払拭を狙う/横浜市

社会 | 神奈川新聞 | 2011年9月8日(木) 22:03

検査のために野菜を切る所員=横浜市金沢区の市中央卸売市場南部市場食品衛生検査所
検査のために野菜を切る所員=横浜市金沢区の市中央卸売市場南部市場食品衛生検査所

食への不安を払拭(ふっしょく)するため、横浜市中央卸売市場南部市場(金沢区)に集荷された青果の放射性物質検査が8日、同市場食品衛生検査所で始まった。

同所員が抽出した検査対象は5検体で、茨城県産のナスと水菜、千葉県産の紅あずま(サツマイモ)、岩手県産のネギ、山形県産のデラウエア(ブドウ)。市場で流通が多いものや、これからの季節に消費が増えるとみられるものを選んだ。今月中に、さらに5検体を検査するという。

同所員たちは、フードプロセッサーで細かく切り刻んだ、それぞれ約2キロの青果を検査容器へ入れて測定。この簡易検査で、暫定基準値以下でも自然界の放射線量の2割を超える数値が検出された場合は、横浜市衛生研究所(磯子区)で精密検査を行う。市は検査結果を9日に公表する。同卸売市場本場(神奈川区)での同様の検査は12日に行うという。

【】

横浜市中央卸売市場に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング