1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 市内の漁業知って、家族連れ20人が稚魚放流体験/藤沢

市内の漁業知って、家族連れ20人が稚魚放流体験/藤沢

社会 | 神奈川新聞 | 2011年8月2日(火) 20:31

地元の水産業を子どもたちに知ってもらおうと、藤沢市の江の島沖で2日、マダイの稚魚の放流イベントが行われた。同市の主催で20人余りの親子連れが参加。バケツに入った4~5センチの稚魚を海に放った。

「あ、泳いでいった! 大きくなるかな」。放たれた稚魚は約1500匹。放流が終わると、親子連れは江の島沖に設けられた定置網などを観察。漁港での水揚げ量や魚の種類などの説明を市の職員から受けた。

市農業水産課によると、市内の漁港ではイワシ、サバ、シラス、ブリ、カツオの順で水揚げ量が多く、年間1400トン前後が水揚げされているという。

市の担当者は「貴重な水産資源。魚介類は放流しないと現状維持も難しい。放流で市内の水産業を知るきっかけにしてもらいたい」と話していた。

市内から親子で参加した小学4年生の吉田悠人君(9)は「ちょっと船酔いしちゃったけど、何匹も放流できて楽しかった」と笑顔を見せた。小学4年生の大久保康平君(9)は「大きく育ったら、食べてみたい」と話していた。

【】

カツオに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング