1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 逗子小サマースクール始まる、初日は陶芸と映像ワークショップ/神奈川

逗子小サマースクール始まる、初日は陶芸と映像ワークショップ/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年7月25日(月) 19:42

「逗子小サマースクール」が25日、逗子小学校で始まった。初日は陶芸と映像ワークショップの2講座が開かれ、約130人が受講した。8月3日までに計14講座を開催、親子や地域の住民ら約700人がともに学ぶ。

同校の保護者や地域住民らでつくる同小支援地域本部の主催。地域住民や保護者、教員らが特技を生かし、ボランティアで講師を務める。講座の内容もゴスペルや海釣り教室、似顔絵、こま回し、虫よけスプレー作りなどユニークな点が特徴だ。

初日の講師陣は、陶芸教室が陶芸家の佐野智子さんと神田寛校長、映像ワークショップは映像作家の石多未知行さんら。

陶芸教室では、子どもたちが粘土のこね方やろくろの使い方などを学んだ後、お母さんたちに手伝ってもらいながら陶器や動物などを思い思いの形に仕上げた。学校側が焼き上げ、夏休み明けに手渡すという。

映像ワークショップは、デジタルカメラなどで撮影した映像をパソコンで合成する“ぱらぱら漫画”を制作した。作品は逗子メディアアートフェスティバル(8月4日~7日)の開催中、同校などで見ることができる。

【】

ボランティアに関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング