1. ホーム
  2. ニュース
  3. 社会
  4. 鎌倉市図書館が100周年、関東大震災、戦時の接収も乗り越えて/神奈川

鎌倉市図書館が100周年、関東大震災、戦時の接収も乗り越えて/神奈川

社会 | 神奈川新聞 | 2011年7月21日(木) 14:48

鎌倉市図書館の歩みを示す資料が展示されている=鎌倉生涯学習センター
鎌倉市図書館の歩みを示す資料が展示されている=鎌倉生涯学習センター

鎌倉市図書館が20日、県内の公立図書館として初めて開館100周年を迎えた。開館や関東大震災後の再建の際、地元の篤志家らから寄付を受け、戦時の接収も乗り越えて節目の日を迎えた。

1911年7月20日、当時の鎌倉小学校の敷地内に「鎌倉町立図書館」が誕生。図書千冊と建築費千円を拠出した実業家、東郷慎十郎さんら、多くの寄付により設立された。

23年の関東大震災で倒壊したが、36年には御成小学校の敷地内に新図書館が開館。この時も銀行家、間島弟彦さんの遺志による寄付などが支えた。

戦時中の44年には軍に接収され一時閉館となり、46年に再開。その後「鎌倉市図書館」と改称し、市内各地域に図書館をオープンさせるなどして現在に至っている。

この日の記念式典では、国立国会図書館の長尾真館長が「図書館は情報や知識を得るだけでなく、生涯学習の拠点や人が出会う場であることが求められており、その取り組みは称賛に値する。図書館をよくするのは利用者や住民。一層の努力による発展を願います」とあいさつ。

感謝状を受け取った東郷慎十郎さんの孫でジャズシンガーの輝久さん(68)は「祖父と直接会ったことはない。本や資金を寄付していたことも今回初めて知り、逆に昔のことを教えてもらった」と話していた。

写真や資料などが並ぶ100周年記念展示は24日まで、鎌倉生涯学習センター(同市小町)で開かれている。午前9時~午後5時(24日は午後3時まで)。

【】

感謝状に関するその他のニュース

社会に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング